ゴルフレッスン受講9時間目(2014年4月27日)

前回のレッスン受講からおよそ2ヶ月間が空いてしまいました。しかし、せっかく始めたゴルフですから、少なくとも週に一回はゴルフの練習に励んできました。練習の成果を先生に見てもらうつもりで臨みました。

 

そのためにもこっそり前日に特訓しました(笑)

 

やはり大事なのは、力で飛ばそうという感覚ではなく、ボールをしっかり叩くイメージです。熱心に励んでいましたが、上級者が並ぶ中、やはりど下手な私はどうしても皆様からご指摘を受けやすい立場です。

 

①「構えたときに少し、右肘を曲げてみなさい。」

②「両足をしっかり地面に固定し続ける意識を持ちなさい。」

 

このようにご指摘を頂きました。私はこれまでスイング時にしっかり両肘を閉める意識を誤解して持っており、両肘をまっすぐ伸ばしたまま、スイングをしていました。

 

①を実践することで斧を木に振り下ろすように力を入れることが出来ます。肘を伸ばしきってスイングしていたからでしょうか、よく右肩を痛めていました。②を実践することで力がよりボールに伝わりやすくなり、加えて視点が固定されることでボールへのミートの確率が格段に上がりました。ボールが高くまっすぐ上がっていったとき革命が起きた様に感じました。

 

しかし、よくよく思い出してみれば、これのご指摘は先生から何度も頂いていたものなのです。これまで先生から頂いた数々の言葉がようやく線で繋がっていくことを感じました。理解しているようで理解していなかったようです。

 

私はコースデビューが見えたような気がしました。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    sekstelefon (水曜日, 01 11月 2017 01:08)

    Wyspowym

  • #2

    seks telefony (水曜日, 01 11月 2017 02:40)

    śródmięśniowy