ゴルフレッスン受講8時間目(2014年2月22日)

無職期間も終わり、17日から新たな転職先での仕事が始まった一週間でした。一ヵ月半もの間、時間に束縛されない生活をしていたため、急な社会復帰はなかなか体に堪えました。上手な手の抜きどころがわかっていないため、肩に力が入ったままです。まるでゴルフのスイングのように。。(笑)平日のゴルフレッスン受講が困難になったため、一週間ぶりのレッスンです。

今日のレッスンを迎えるにあたって予習をすべく、昨日仕事終わりに自主練に励みました。さすがにクラブに触らず一週間が過ぎたため、強いスイングをしても空振りを繰り返すだけだろうと考え、ボールにクラブを当てることに意識を集中させました。言うならばゲートボールをするイメージです。当たった後のスイングフォームはおまけ程度でゆっくりスイングし、当てるイメージを確立させようという試みです。力は加えず、しっかりと当てる。それでもきちんと当たりさえすれば飛ぶんですね。このイメージを大事にしたいです。

 

そして迎えたゴルフレッスン当日、先生からスイングが良くなっているとお褒めの言葉をいただきました。大変励みになります。さて、今日注意を頂いたのは次の3点です。

 

①クラブの握り方

②スイング軌道

③バックスイングの大きさ

 

①クラブの握り方については先生の仰った通りにしていたつもりなのですが、間違っていたようです。手の平ではなく、指で握るんですと。確かに手のひらにクラブを置くとかなり力を入れないとクラブがふらついてしまいます。指で握ることでそれほど力を加えずともクラブがふらつかなくなりました。この握り一つで思ったところにクラブヘッドを持ってこれるようになりました。

 

②次にスイング軌道です。スイング後に膝を伸ばすことを意識しすぎてアッパー軌道のスイングになっていました。横への重心移動が必要なところが、上への重心移動になっていたのです。これではボールへ力が伝わりませんし、なによりボールから距離が遠くなるため空振り、またはボールの頭を叩くことになります。重心移動が横に修正されることで体重移動がスムーズになりました。横の移動になりますのです、これまでより遥かにボールへのミーとポイントが広くなったように感じます。ボールをしっかりすくい上げることが出来るようになりました。

 

③最後にバックスイングです。これは当てることに注意していたため、バックスイングが小さくなっていたようです。左肩が顎を持ち上げるイメージをして、そこから①と②の技術を駆使すると、飛びました。今までになく高くボールは飛んでいきました。

 

今日は何かゴルフのコツを掴んだ。そんな日になりました。

コメントをお書きください

コメント: 2